神奈川県|老人ホーム入居後の自宅売却について

【無料の企業PR広告】
■該当件数27件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 次へ>
TOP > 神奈川県 > よこはま住生活

老人ホーム入居後の自宅売却について


日本の平均寿命は世界一ですが、高齢になると、買い物や家事だけでも体力を使ってしまうので、せっかく定年で仕事をしなくてもよくなっていても、余暇を趣味に使うことができません。
 定年後の第二の人生を、100%たのしむには、家事や身の回りはサポートを受けられるといいですが、親子の間では近すぎて遠慮がなくなり、お互いのストレスにもなってしまいます。
 最近の老人ホームは、連絡をすれば自由に外出ができたり、食事もいくつかの中からチョイスできるなど、コンシェルジュサービス付きのケア付きホームが増えています。
 ところで、ホーム入居後は、3年以内に自宅売却すれば、居住用財産の譲渡として、税の減免、優遇を受けることができます。